金日成が権力者になる

社会主義国家には、カリスマ的指導者が必ずいます。恐怖政治を敷いたスターリン、中国では毛沢東、キューバではカストロ。北朝鮮で金日成が権力を握ったのか?!とう点では、最初はソ連当局の支援を受けて北朝鮮の指導者となっていましたが、北朝鮮政府や国内にいた共産主義者の中では、金日成グループは圧倒的な少数派のいわば弱小勢力でした。そのため初めは絶え間なく党内闘争を引き起こして、他の勢力と争い蹴落としていき勝ち抜ぬいていきました。

中国とソ連の対立の中で

1956年(昭和31年)から始まったスターリン批判と同じ年に発生したハンガリー動乱は、社会主義圏に大きな動揺をあたえました。

スターリン批判は北朝鮮や中国のように強い権威を持つ指導者が存在する社会主義国の警戒を呼ぶことになり、ハンガリー動乱のようなソ連による介入も自立路線を目指す北朝鮮や中国の反発を招くことになりました。

1950年代の後半以降はソ連と中国との関係悪化が目立つようになります。そして1960年代には中国とソ連の対立は決定的なものになりました。北朝鮮は中ソが対立している中で、両者間のバランスを取った関係維持を基本としていましたが、どちらかというと中国とは利害の一致点が多かったため中国寄りの立場を取っていました。

民族意識を利用して

1957年から開始された5カ年計画の時期は、『千里馬運動』が強力に押し進められたことが大きな特徴になっています。『千里馬運動』は朝鮮半島の伝説で一日に千里を駆ける名馬にちなんで名づけられました。『千里馬運動』では、ソ連のスターリン時代のスタハーノフ運動、毛沢東が提唱した大躍進政策と同じくように、思想宣伝活動によって大衆の意識を高めて、増産運動に動員するという運動で【朝鮮社会主義型の国家総動員体制】と評価されています。

千里馬運動は中ソの関係の悪化が進むなかで、北朝鮮に対する援助が減少して資材や資金不足が目立つようになっていたことと、そして社会主義圏内の対立から自主路線を強化する必要性に迫られたことが『千里馬運動』を開始する大きな原因です。当時は民族意識が高揚していたこともあって、大衆を動員することは比較的容易なことでもあり、5カ年計画は1年繰り上げて1960年(昭和35年)に達成されたと発表されています。

しかし大衆動員による無理な増産運動は生産現場のひずみを生みだし、北朝鮮では『千里馬運動』を真似したた、思想宣伝活動によって大衆の意欲を高めることに重点を置いて、物質的な報酬を最小限に抑えた状況の下で最大限の労働力を引き出すことを目的とした大衆動員型の運動が、現在に至るまで繰り返し行われ続けられているため、北朝鮮経済に大きな影響を与えています。

1966年(昭和41年)から1967年(昭和42年)にかけて、金日成は自分と違う路線対立者をどんどん排除していき絶対的権力が確立しました。そして絶対的権力が確立していく中で、世襲の準備をすすめていき金日成の長男の金正日の台頭が始まりました。

北朝鮮とソ連、そして中国との関係が正常化するのは1970年代に入ってからのことになります。

地上の楽園

1959年(昭和34年)12月から、日本からの在日朝鮮人の帰還事業が開始されました。朝鮮戦争のときに韓国側に脱出した越南者の影響で北朝鮮は慢性的な労働力不足に悩まされていたため、朝鮮戦争が終結後は、ソ連と中国に在住していた朝鮮人の帰国の推進を行っていました。

1950年代の後半には、在日朝鮮人の北朝鮮への帰国運動の高まりの中で、北朝鮮は韓国に対する優位性の確立という目的とともに、不足する労働力の補充や日本からの帰国者が持つ技術に注目していて、技術移転のチャンスとして在日朝鮮人の受け入れを押し進めていくようになりました。そして在日朝鮮人が帰国する際に持参する物資や、北朝鮮で生活に苦しむ帰国者に対して日本の親族から送られる現金や物資、そして技術までも経済難に悩む北朝鮮当局にとって大きな支えの一つになりました。

帰国者たちのその後

在日朝鮮人たちが北朝鮮政府の「帰還事業」によって、日本から北朝鮮へと渡った帰還者たちのほとんどが、農村に配置されました。

その配置された住居を「お世辞にも立派な代物とは言えなかった」と述べている帰還者による手記があります。この頃の北朝鮮は、住宅ももちろん不足していました。そして住宅不足というもは、当時の北朝鮮社会にとって課題でもありました。

社会主義国でよく見られる生活物資の慢性的な(あるいは決定的な)質と量の不足も、帰還者たちを戸惑わせることになりました。そして北へ渡ったものの、物資が不足しているものを日本にいる親族から補ってもらっていましたが、北朝鮮の地では、現地の住民との間に溝を作ることになり、帰還者は妬みと差別の意味を込めて「帰胞」(帰国同胞)と呼ばれて、潜在的な反体制分子またはスパイとみなされて、社会的にも苦しい状態に置かれました。

社会主義体制下の北朝鮮社会にとっては、帰還者たちは朝鮮半島にルーツを持ちながら、アメリカ風の資本主義の生活を肌で知っているため、おなじ朝鮮半島という民族でありながら、日本化された異質な集団でもありました。北朝鮮政府や体制への不満や批判を口にすることで厳罰な処罰をする北朝鮮では、簡単に文句を言う。不平を述べるとした行動は手ひどく扱われる原因となり、強制収容所に送られた帰還者も多くいます。そして北朝鮮へ渡ってからの消息や安否が不明になっている者も少なくありません。

多くの人々が輝ける祖国のことを聞いて、まだ見ぬ祖国に対して憧れを抱いて帰国しましたが、結果的に現実はそれを裏切りました。やがて、在日朝鮮人の間や日本国内においても次第に北朝鮮の実情が明らかになるにつれて、帰還者の数は激減していきました。日本の経済発展が進むことによって、在日朝鮮人が生活苦によって北朝鮮へ向かう理由も失われました。実際に北朝鮮から脱北して韓国で一定の期間を過ごした後に、韓国パスポートで日本に入国して、日本へ帰国を果たす帰還者も後を絶ちません。